Google Apps Script: エラー情報の取得

Google Apps Script で、 エラー情報の取得方法

URLからデータを取り込む際に、エラーが発生することを想定して try で囲んで置く。

発生場所をログやメールで送る際は、以下のようにするとエラー(Exception)に関する、
・エラーメッセージ
・ソースファイル名
・行番号
・スタック情報
が得られる。

が発生したソース行番号やスタック情報などが得られる。

function test(){
  var r;
  try {
    var response = UrlFetchApp.fetch("http://wwwwwwwwwww.google.com/");
    r = response.getContentText()  
  } catch(e){
    var error = e;
    Logger.log("message:" + error.message + "\nfileName:" + error.fileName + "\nlineNumber:" + error.lineNumber + "\nstack:" + error.stack);
    r = null
  }
  return r
}

error

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

スポンサーリンク