ブラウザシェアー自分のサイトがどんなブラウザでアクセスされているか調べてみた

ブラウザ戦争。Chromeが世界ではトップに、日本はIE王国(大西宏) – BLOGOS(ブロゴス) という記事があったので、自分のサイトで確認してみました。

アクセスデータはGoogle Analyticsによるもので、PCだけでなく、スマホなど非PCからのアクセスも含みます。

<h2>一般的なコンシュマー対象のサイトのブラウザシェア</h2>

ブラウザ シェア 一般サイト

まず、一般的なコンシュマー対象のサイトから。

確かにIEが49.96%で圧倒的に多いです。次に多いのがsafari(IOS)20.46%とandroid Browser 17.29% などのスマートフォンで、chromeはわずか 7.14%にとどまります。
このサイトの場合、スマートフォンからのアクセスが1/3を占めています。

<h2>IT系コンテンツ多めサイトのブラウザシェア</h2>
ブラウザ シェア IT系サイト

IT系のコンテンツが多いサイトは、ITリテラシーがある方がアクセスして来ますので、やはりChrome率が高いようで、トップはChrome 29.46%。 IEは26.02%で2位、 3位がSafari(IOS) 19.14% 、僅差4位にFirefox18.28%となっています。

<h2>エンターテイメント系サイトのブラウザシェア</h2>

ブラウザ シェア エンターテイメントサイト

 

エンターテイメント系サイトの場合は、様相がガラッと変わります。
1位は、Android Browser 33.19%で、スマートフォンのブラウザがトップを占めています。2位は、IE 32.02%ですが、3位には再びスマートデバイスのSafari(IOS)18.27%です。
このサイトの場合、数ヶ月前から、スマートフォンなどスマートデバイスからアクセスがPCのアクセスを抜いて、過半数以上占めるようになりました。

<h2>まとめ</h2>
IEとChromeのシェアは、サイトにアクセスするユーザー層によって変わる。また、今後、スマートフォンなどからのアクセスの重要度が増してくる。

 

 

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

スポンサーリンク