RubyをWindows10にインストールと環境設定してみた

recommendバージョンの  Ruby+Devkit 2.5.3-1 (x64) をインストール
Use UTF-8 as defalut で
MYSYS2 を
1 Enter
2 Enter
3 Enter
でインストール
■Firefox geckodriver インストール
ダウンロードした .zip を展開した中にあるgeckodriver.exe をRubyをインストールしてパスを通したフォルダ( C:\Ruby25-x64\bin など )にコピー

■chromedriver インストール (chromedriverは、クリックできないエレメントがあるため、基本、使用せず)

ダウンロードした .zip を展開した中にある chromedriver.exe をRubyをインストールしてパスを通したフォルダ( C:\Ruby25-x64\bin など )にコピー
■ git インストール
    or
TortoiseGit – Windows Shell Interface to Git インストール
  本体 : Download TortoiseGit 2.7.0 – 64-bit
  続けて、下にある下記も
  Language Packs :  Japanese
■gem インストール
cmd で
gem install rubocop
gem install ruby-debug-ide
gem install clipboard
gem install selenium-webdriver
gem install rufo
Visual Studio Code インストール
Visual Studio Code 起動し、extension インストール
Restart NOWが出てきたら、 Visual Studio Code をリスタート
Japanese Language Pack for VS Code
    インストールが完了したら、Japanese Language Pack を読み込むために locale.json 内で “locale”: “ja” を設定します。locale.json を編集するには Ctrl+Shift+P を押してコマンド パレットを表示させ、”config” と入力し、利用できるコマンドのリストをフィルター処理してから Configure Language コマンドを選択します。詳細については Docs を参照してください。
Japanese Word Handler
Ruby
(ruby-rubocop)
↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください