ChromeからFirefox、IE、Chromeシークレットウインドウを開けるChrome to any browserが便利

普段Chrome を使っていて、このサイトはIEで見たい、という場合、IE Tab Multi 拡張などがありますが。
Firefoxで見てみたいということが、最近多くなって来ました。
IE Tab Multiのように、Chromeの拡張で、Firefoxタブのようなものもあるようなのですが、設定が複雑で、かつ、Firefoxの拡張が動かないリスクも考えられます。
そこで見つけたのが、 Chrome to any browser
これは、Windowsのアプリケーションで、現在Chromeで開いているページをFirefoxなのどブラウザで開いてうれるものです。
アプリケーション名に 「any browser」とあるように、Firefoxだけにとどまらず、IEなど他のブラウザの起動ももちろん可能ですし、ブラウザだけでなく、プログラムにURLを渡せるものであれば、エディタなどにURLを渡して起動することもできます。
Chromeで、今見ているページをChromeのシークレットモードで開くということもできるのですが、これが以外に便利な使い方ができます。
例えば、Googleなどのサービスで複数のアカウントを持っている場合、 タブだと別のアカウントで利用することができません。同時に別のアカウントでアクセスしたい場合、他のブラウザを使う方法もありますが、あまりスマートではありません。
Chromeのシークレットモードを使えば、それぞれ別のアカウントで同じサービスを同時に利用することができます。Chrome to any browser をタスクバーから呼び出せるようにしておけば、ChromeでGoogleなどのサービス使っていて、別のアカウントでもログインしたい場合、同じページのChromeのシークレットモードを呼び出せます。
Chrome to any browser.png
Chrome to any browser の主な機能
Chromeから、他のブラウザにURLを転送。
Chromeから、エディタなどに情報を転送。
Chromeから、ローカルファイルをエディタを直接開く。

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

スポンサーリンク