月別アーカイブ: 2019年2月

cmd.exeから管理者権限でタスクを終了させる

cmd.exeからパスワード無しで管理者権限でタスク名指定で終了させる

tasklist で表示されたイメージ名(下記で、xxxxxxxxxx の部分)を入れて、cmdで実行すると
マッチするタスク全て、管理者権限で終了(kill)される

powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -command “Start-Process -Verb runas -FilePath powershell.exe -ArgumentList ‘-command stop-process -Name xxxxxxxxxx -Force'”

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

Ruby Windows 64ビット環境でWIN32OLE.new(“ScriptControl”)がエラーになるのを解消

64ビット スクリプト コントロール・Tablacus Script Control 64 https://tablacus.github.io/scriptcontrol.html
から、 tsc64_1090.cab をダウンロードし、
適当なフォルダに解凍してsetup.exeを実行
「Install」でインストール

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

Ruby+rubypressでWordPress記事、本文、記事URLを全取得する

rubypressのgetPosts(というかwordpress_xmlrpc.methodsのGetPosts ) が、デフォルトでは10記事分までしか、記事データを取ってこない。
下記、参考

https://python-wordpress-xmlrpc.readthedocs.io/en/latest/examples/posts.html
# By default, wordpress_xmlrpc.methods.posts.GetPosts returns 10 posts in reverse-chronological order (based on their publish date).

上記を参考にして、上限無しで取得できるようにしてみた。

require 'rubypress'

#Windowsで、文字化けしない用
Encoding.default_internal = 'UTF-8'
STDERR.set_encoding( 'UTF-8',:undef => :replace,:invalid=>:replace )

 wp_rubypress_client = Rubypress::Client.new(
   host: 'xxxxxxxxxxx.com',    #WPのドメイン名(URLではダメ)
   username: 'user', # WordPress username
   password: 'pass'  # WordPress password
 )
 
offset=0
increment = 200
posts = []
while true
    posts_tmp = wp_rubypress_client.getPosts(
    	filter: {offset: offset ,number: increment },
    	fields: [:post_title, :post_content, :guid] # タイトル,本文,記事さえあれば良いという場合指定 
    )
    break if posts_tmp.size == 0
    posts += posts_tmp
    break if posts_tmp.size <= increment
    offset = offset + increment
end

posts.each do |post|  #WPの投稿記事毎のお仕事
	puts "guid= #{post['guid']}"
	puts "post_title= #{post['post_title']}"
	puts "post_content= #{post['post_content']}"
end
↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

RubyでクラウドワークスのタスクCSV記事をMT形式に変換してみた

環境:windows10 + ruby 2.5.3

クラウドワークスのタスクのCSV記事(SJISで保存)を、MT形式ファイル(SJIS)に保存

work_path = ‘C:/work/’  (c:\work\) に置かれている *.csv を読み込み、
C:/work/mtdata.txt  (c:\work\mtdata.txt) にMT形式ファイルを保存

# codng: utf-8
require 'csv'

Encoding.default_internal = 'UTF-8'
# 入出力エンコード設定確認用
puts "Encoding.default_external = #{Encoding.default_external}"  # =>Windows-31J
puts "Encoding.default_internal = #{Encoding.default_internal}"  # =>UTF-8

work_path = 'C:/work/'
mt_file_name = work_path + "mtdata.txt"
total_line_no = 0
File.delete(mt_file_name) if File.exists?(mt_file_name)
File.open(mt_file_name, "w") do |mt_file|   # MTファイルオープン
    csv_filenames = Dir.glob(work_path + '*.csv') # workにある *.csvファイル
    puts csv_filenames
    puts "start..."
    csv_filenames.each do |csv_file|
        puts csv_file
        # 作業ID	作業者	作業者ページURL	承認日時	1. 記事タイトル	2. 記事本文
        csv_data = CSV.read(csv_file, headers: true)
        line_no = 0
        csv_data.each do |data|
            line_no += 1
            total_line_no +=1
            title = data["1. 記事タイトル"]
            kiji = data["2. 記事本文"]
            mt_form = <<~MTFORM 
                AUTHOR: 
                TITLE: #{title}
                BASENAME: post#{total_line_no}
                STATUS: Future
                ALLOW COMMENTS: 0
                CONVERT BREAKS: __default__
                ALLOW PINGS: 0
                PRIMARY CATEGORY: 
                CATEGORY: 
                AUTHOR: 
                AUTHOR: 

                DATE: 07/04/2016 23:00:36
                -----
                BODY:
                #{kiji}
                -----
                EXTENDED BODY:

                -----
                EXCERPT:

                -----
                KEYWORDS:

                -----


                --------
            MTFORM
            mt_file.write(mt_form)    
        end
        puts "\n#{total_line_no}:#{line_no}"
    end
end
↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

RubyをWindows10にインストールと環境設定してみた

recommendバージョンの  Ruby+Devkit 2.5.3-1 (x64) をインストール
Use UTF-8 as defalut で
MYSYS2 を
1 Enter
2 Enter
3 Enter
でインストール
■Firefox geckodriver インストール
ダウンロードした .zip を展開した中にあるgeckodriver.exe をRubyをインストールしてパスを通したフォルダ( C:\Ruby25-x64\bin など )にコピー

■chromedriver インストール (chromedriverは、クリックできないエレメントがあるため、基本、使用せず)

ダウンロードした .zip を展開した中にある chromedriver.exe をRubyをインストールしてパスを通したフォルダ( C:\Ruby25-x64\bin など )にコピー
■ git インストール
    or
TortoiseGit – Windows Shell Interface to Git インストール
  本体 : Download TortoiseGit 2.7.0 – 64-bit
  続けて、下にある下記も
  Language Packs :  Japanese
■gem インストール
cmd で
gem install rubocop
gem install ruby-debug-ide
gem install clipboard
gem install selenium-webdriver
gem install rufo
Visual Studio Code インストール
Visual Studio Code 起動し、extension インストール
Restart NOWが出てきたら、 Visual Studio Code をリスタート
Japanese Language Pack for VS Code
    インストールが完了したら、Japanese Language Pack を読み込むために locale.json 内で “locale”: “ja” を設定します。locale.json を編集するには Ctrl+Shift+P を押してコマンド パレットを表示させ、”config” と入力し、利用できるコマンドのリストをフィルター処理してから Configure Language コマンドを選択します。詳細については Docs を参照してください。
Japanese Word Handler
Ruby
(ruby-rubocop)
↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ