月別アーカイブ: 2012年9月

ノートPC(Mouse Computer LB-S220X-SSD)が来た。開封の儀

発注していたノートPC(MouseComputer LB-S220X-SSD)(11.6型ワイド 液晶+ Corei7 + メモリ8G + 高速SSD240G で約8万円)が届きました。
ノートPC(MouseComputer LB-S220X-SSD)-1.jpg
荷姿は非常にシンプルです。
ノートPC(MouseComputer LB-S220X-SSD)-2.jpg
梱包の蓋を開けたところ
ノートPC(MouseComputer LB-S220X-SSD)-3.jpg
上に乗ってるシートを取ると、本体がこのように収まっています。
梱包材が非常に薄いです。
ノートPC(MouseComputer LB-S220X-SSD)-4.jpg
PC本体を取り出すとその下には、左からACケーブル、電源アダプター、バッテリーが収められていました。
ノートPC(MouseComputer LB-S220X-SSD)-5.jpg
バッテリーを本体に取り付けたところ
ノートPC(MouseComputer LB-S220X-SSD)-6.jpg
PC本体とACアダプター
ノートPC(MouseComputer LB-S220X-SSD)-7.jpg
PC本体前面
ノートPC(MouseComputer LB-S220X-SSD)-8.jpg
PC本体右側面
UltraBookではないので、薄くはありません。
ノートPC(MouseComputer LB-S220X-SSD)-9.jpg
開いたところ

画面は、筆者が写り込んでいるので、ボカシ入れてます^^;

■電源ONとサスペンドからの復帰がメチャメチャ早い

Corei7 と 高速SSDはやはり早いです。キビキビ動いてくれます。
電源オンからパスワード入力画面までは15秒ぐらいです。

スリープから電源ボタンオンで復帰させる時は、瞬間でパスワード画面が表示されます。(パスワード画面が入力受付可能になるには1秒ぐらいタイムラグがあります)
ただ、メモリを8Gbyte積んでるせいか休止状態からの復帰は30秒近くかかりました。

■24時間サポートが素晴らしい

マウスを使う場合に、キーボード手前のタッチパッドに触っても反応しないようにタッチパッドをオフにしたくて、そのショートカットキーを探してみたのですが、キーボードや取説にもそれらしい表示が無くわかりませんでした。

マウスコンピューターは24時間電話サポートをしているということなので電話してみることにしました。
夜中の0時を回った時間であまり期待していなかったのですが、すぐに電話がつながり丁寧な受け答えで迅速に調べて回答をしてもらえました。正直、びっくりしました。
その直後にサポート対応についてのアンケートが、すぐにメールが送られてきましたが、直ちに高評価の回答をさせてもらいました。

ちなみにタッチパッドのON/OFFは、Fn+ESC で行えます。
また、タッチパッドをOFFにしていても、マウスを外した場合、タッチパッドが自動でONになるようです。

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

Google Chrome最新版(22.0.1229.79)でGmail印刷不具合とChromeのバージョンを元に戻す方法

Google Chromeを最新版(22.0.1229.79)で、Gmailで印刷時にプレビューが表示されず、待っている間にフリーズする現象が発生しているもよう。

回避策としては、他のブラウザを使うか、Google Chromeのバージョンを
以前のバージョンに戻し、さらに自動更新を停止する方法がある。

Google Chrome インストール作業が不要な方法 もあります。(2012/10/12追記)
Google Chromeのバージョンを戻す方法は下記になります。

・Google Chrome ver 21.0.1180.89インストーラーを下記のURLよりダウンロードする。
・アプリケーションの追加と削除、あるいはすべてのプログラムより、Google Chrome ver 22.0.1229.79をアンインストールする。
(アンインストール時に指定しない限り、ブックマーク等は削除されません)
・ダウンロードしたインストーラーより、Google Chrome ver 21.0.1180.89をインストールする。
・インストール完了後、アドレスバーに「Chrome://plugins」を入力しEnterキーを押下する。
・Google Chromeのプラグインページで、Google Updateを無効にする。
・画面右上のスパナアイコン→Google Chromeについてをクリックし、バージョンが21.0.1180.89になっていることを確認する。
・Google Chrome ver 21.0.1180.89インストーラー

https://sites.google.com/a/apps.web-dsk.net/support-top/Home/googlechrome/googlechromedaunguredo/21.0.1180.89_chrome_installer.zip

(上記URLをアドレスバーへ入力するとダウンロードが開始される)

■Google Chrome 自動更新再開方法

・Google Chrome起動後、アドレスバーに「Chrome://plugins」を入力しEnterキーを押下する。
・Google Chromeのプラグインページで、Google Updateの「有効にする」をクリックし有効化する。
・5分~10分程度時間をおいて、画面右上のアイコン→Google Chromeについてをクリックし、
アップデートの確認が実行され、バージョンアップされる事を確認する。
※時間をおいて確認してもバージョンアップされない場合は、Google Chromeの再インストールが必要。
・スタートボタン→全てのプログラム→Google Chrome→Google Chrome をアンインストールを
クリックするか、コントロールパネル→アプリケーションの追加と削除で、Google Chromeの
削除する。
・Google Chrome削除後、PCの再起動して、下記のURLよりGoogle Chromeのインストールする。

http://www.google.com/chrome/intl/ja/landing.html

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

Excelで数式が文字列になっちゃう&日付を認識させる

今日、Excelを使っていて、もらったデータで
2012/09/11 12:09:12
のようなフィールドがあり、一見、日付データに見えるけど、Excelは単に文字列としてしか認識していなくって、ピボットテーブルなど思うような結果が得られないという問題にはまりました。
時間は必要ないので日付だけ取り出して、日付として認識させよとして
A1セルが
2012/08/31 21:08:33
とい値になてるとして、右隣のセルに
=datevalue(left(A1,10))
と入力(指定されたセル内(A1)の左から指定された文字数(10)を取り出し、それを日付として評価してちょうだい)したところ、数式がそのまま表示され計算をしてくれません。F9(再計算)を押してもビクともしません^^;
いろいろ試してみて、Ctrl+A(シート全体を選択)し、表示を”標準”にしたら、数式と認識して思うような結果(日時文字列ー>日付データ)が得られるようになりました。

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

「Google Chrome 22」の安定版リリース。一番変わったのはレンチアイコン?

Chrome 22の安定版がリリースされた。
主な新機能は
・「Pointer Lock JavaScript API」の組み込み
・拡張機能にショートカットを割り当てられるようになったこと
変更点は
・Windows 8への対応強化
・「設定」のアイコンが従来のレンチから、Androidと同じ3本線のアイコンになった
・HiDPI/Retinaディスプレイへの対応強化
・「Google Chromeについて」の表示変更(「概要」というページに表示されるようになった)
最も多くの方に影響ありそうなのは、「設定」のアイコンが従来のレンチから、Androidと同じ3本線のアイコンになったことかもしれません。
■レンチアイコン → 3本線アイコンへ
Chrome21までのレンチアイコン
レンチアイコン.png
Chrome22の3本線アイコン
chrome22アイコン.png
今まで、設定変更の説明をする際に、
「レンチアイコンをクリックして・・・」
と言ってたのを
「三本線アイコンをクリックして・・・」
となどと変えないといけないですね(笑)
■ 拡張機能をショートカットで呼び出し
もっとも、Chromeのヘビーユーザーにとっては、拡張機能をショートカットで操作できるようになった事のほうが、メリットが大きいと思います。
ショートカットの設定は、[設定(3本線アイコン]→[設定]→[拡張機能]の一番下に「コマンドを設定する」というリンクが新設されており、そこから行います。
コマンドを設定する リンク.png
これをクリックすると有効にしている拡張機能とアプリケーションにキーボードショートカットを割り当てるためのダイアログが表示されます。ここでショートカットを設定したい拡張機能の「未設定」枠をクリックし、割り当てたいショートカットをキーボードで入力します。
キーボードとショートカット 拡張期のとアプリケーション.png
とりあえず、よく使う RoboForm を [Ctrl+R] で呼び出せる設定をしてみたました。

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

F2ブログからSeesaaブログへの引越しメモ

コンピュータにあまり詳しくない知人のブログを、F2ブログからSeesaaブログへ引越しを手伝うことになりました。その際のメモです。
■Seessaブログのお引越し機能、動作NG
Seessaブログのお引越し機能で、FC2からの引越しができるようになってました。これだと、画像も引越ししてくれると書いてあったので、「これで、一発で終わりじゃん!」と思ったのですが、試してみると・・・

Subject:【Seesaaブログ】ブログお引越処理について(エラーのお知らせ)
Seesaaブログにお引越申請ありがとうございます。
申し訳ございませんが、ログインID、パスワード、あるいはブログURLに
不一致があるためブログのお引越作業が完了できませんでした。
ご確認の上、再度お引越申請を行って下さい。

というエラーが帰ってきてしまいました。
ログインIDは、メールアドレスとブログIDも試し、パスワードもブログURLも何度確認と再入力しても、同じエラーメールが帰ってきてしまい。この方法は諦めることにしました。
■ブログ記事の移行
画像の移行は、現時点では諦めて記事だけ移行することにしました。
FC2の管理画面の”データのバックアップ” → ”全ての記事”の”ダウンロード”ボタンをクリックして、バックアップデータを取得する。バックアップデータはMT形式で漢字コードはUTF-8になってます。
次に、Seesaaブログの管理画面で、”設定” → ”インポート”
”MT形式ログファイル”: FC2で所得したバックアップデータを指定
”文字コード” : ”UTF-8” を指定
”画像インポート” : ”インポートしない” を指定
最後に ”インポート” ボタンをクリック!
これで、終了かと思い、記事の表示を確認してみると、改行がされていません(-_-;)
ネットで調べると、いくつかのサイトで、FC2のバックアップデータの

CONVERT BREAKS: 1

部分を、

CONVERT BREAKS: default

に変更すればよいと書いてあるので、データの中を見てみると、

CONVERT BREAKS: default

になってました。FC2の方で変更があったのでしょうか?
いずれにせよ、これはビンゴではありませんでした。
MT形式の CONVERT BREAKS: のキーの値を調べてみると
ブログ記事の改行設定に関するフラグで
0 (なし)
1 (改行を変換)
markdown (Markdown)
markdown_with_smartypants (Markdown with Smartypants)
richtext (リッチテキスト)
textile_2 (Textile 2)
とのことなので、逆に

CONVERT BREAKS: default

となっている部分を、

CONVERT BREAKS: 1

に変更して試してみると、これがビンゴで改行されるようになりました。
■リダイレクトの設定
次に、FC2の移行前のブログにアクセスた時に、Seessaの新しいブログへ転送されるようにリダイレクトの設定です。
FC2の管理画面で”テンプレートの設定”をクリック、”HTML編集”で

の下に

<link rel=”canonical” href=”http://移転先ドメイン名/”/>
<meta http-equiv=”refresh” content=”0;URL=http://移転先ドメイン名/” />

を書いて、”更新”ボタンを押して終了!・・・と思いきや、リダイレクトされません。orz
確認してみると、設定したはずの変更が反映されていません。
もう一度、記載して”更新”ボタンを押しても、変更が保存されないのです。
何が問題なのか、部分的に記入して”更新”を押して調べてみると
http-equiv=”refresh
の refresh があると、更新が反映されないことがわかりました。
う~ん(-_-;)
解決策の一つとして

http://paro2day.blog122.fc2.com/blog-entry-579.html


<meta<!–index_area–><!–/index_area–> http-equiv=”refresh” content=”0;URL=飛び先URL” />
とすればよいとのことなので、

<link rel=”canonical” href=”http://移転先ドメイン名/”/>
<meta<!–index_area–><!–/index_area–> http-equiv=”refresh” content=”0;URL=http://移転先ドメイン名/” />

と記載し、無事更新でき、リダイレクトで飛ぶようになりました。
■FC2の画像のバックアップ

http://nekonekobuton.blog.fc2.com/blog-entry-109.html

を参考に「BatchDownload」というFirefoxのアドオンを使う方法で行いました。
記事との整合性をとっておくために、「オリジナルを維持」にチェック有りで行いました。

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ