月別アーカイブ: 2011年12月

地味につづける

水戸大家(峯島 忠昭)  http://mitoooya.jp/sekininsya.html  のメルマガより
——————–

今日は、ビジネスや投資で成功するための

 日々の過ごし方のお話。


 不動産投資で成功するためには、

 日々の積み重ねが、物凄く大事です。


 不動産投資とは、釣りのような物で、

 ほとんど毎日が意味の無いような事の積み重ねです。


 釣りもほとんどが浮きを見ているだけで、

 勝負は一瞬ですよね。


 あのイメージが、投資でもビジネスでも

 意味のないような作業を淡々と繰り返して、

 毎日、じっくりと過ごす…

 これがビジネスでも投資でも成功できる過ごし方です。


 ちなみに不動産投資では

 物件を毎日、毎日探すこと、やる事はこれだけです。


 あとの運営は、極力安く、他人に任せる…


 これが不動産投資の肝になります。


 それで、他のビジネスをやるにも同じ事ですが、

 一番大事な事を毎日やる事がなによりも大切です。


 不動産投資でいうと、

 物件情報を毎日チェックする事が一番大事です。


 1000万円安く買うと1000万円得するのと同じ事です。


 それをやるには、とにかくたくさんの情報を集めて、

 その中から良い情報を見つけていくしかないと思います。


 ちなみに、今日は私もお休みを頂きましたが、

 とにかくビジネスも投資も地味な事をいかに毎日、繰り返せるか?なので、

 クリスマスだからこそ続ける、

 お正月だからこそ続ける…というストイックさが大事だと思います。

 という事で、世間では、年末で楽しんでいる方も多いですが、

 そういう時こそ、ガッツリと仕事をしている人が成功できるような気がします。

———————-

私は年末年始、ガッツリと休む予定ですが。。。

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

「経営も、術に陥ってはいかんのだ、道を目指しなさい。
経営道を究めなさい」

とよくおっしゃっていたのを思い出していたのです。

忍術は、「忍術」のまま、歴史の中に姿を消したが、
一方の剣術は、「剣道」として、今の世に受け継がれた…。

道とは、思想と実践とを統合した、ある種の人生哲学です。

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

イケダン

NHKの朝のニュースで、イケダンというのをやっていた。

 「イケてるダンナ」の略 で、女性誌『VERY』の造語。「仕事をバリバリとこなしながらも家族を大切にする」「奥さんを手助けすることに躊躇しない」「外見もイケてる」「ファッションも手を抜かない」といった条件を備えた夫だとか。

イケダン育成術―賢妻に学ぶ結婚生活を幸せにする技術
4163745904

という本と著者の杉浦さんが紹介され、NHKがまとめたイケダン育成のポイントは 

1.相手を尊重した頼み方をする
2.感謝する
3.褒める
とか。

でも、これ、イケダンに限らずではないかと

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

年賀状印刷ミスりまくり

昨日、年賀状の印刷をミスったので、郵便局に書き損じ交換に行って来ました。

内訳は
昨年、諸事情で買っていたのに出さなかった 70枚
と 今年印刷面の裏表を間違えた 10枚
なぜか同じ送付先が複数枚印刷された 5枚
計 85枚 orz

書き損じや印刷をミスったハガキは、郵便局で1枚5円の手数料で新しいハガキと交換してくれます。ただし、昨年の年賀状は今年の年賀状とは交換できないとのこと。普通葉書に大量に交換しても、当面使う用途もかんがえられなかったのですが、同じ手数料で切手に交換することができるとのことだったので、切手のほうが封書に貼ることもでき自由度が高いので切手に交換してもらいました。

しかし! 今日も昨晩、ミスった分を印刷していたら、何故かまた同じ宛先に2通印刷 されたり 、ズレたりで13枚ミスって、再度、交換に・・・orz

来年はプリンタ買い替えた方がいいのかな~(>_<)

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

残念な人の思考法

残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)
4532260752

を読んだ。

この本での「残念な人」とは、やる気もある、能力もある、しかし何かが間違っているため結果が今ひとつになってしまう人のことである。
すこし、考え方を変えれば、うまくいく「もったいない人」でもある。

仕事の成果 = プライオリティ(の正しさ) X 能力 X やる気
であり、プライオリティがその時の状況にあっているかどうかであり、プライオリティは相対的に変化する。
残念な人とは、プライオリティ付の「正否」「適否」を考えない、あるいは見誤る人のことである。
この点を改善すれば能力を十分に発揮できるようになる。

残念な人は、人から与えられた目標の達成に向けて他人のペースで仕事をしている。できる人は、自分が決めた目標を達成するために、自分のスケジュールで仕事を進める。

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ