抵当権と根抵当権の違い

抵当権とは、銀行が自己の債権を担保するため、債務者の不動産等に
に抵当権を設定するもので、債権額ズバリの額が担保される。
新たに借り入れを起こす場合には、新たに抵当権の設定が必要になる。
一方、根抵当(ねていとう)は、継続的に発生する債務を一定額
(極限度という)まで担保するためのもの。
つまり、その極度額の範囲であれば、何度でも融資を受けることが可能
になる。そのため事業資金の融資などで根抵当権が設定されることが
多い。

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください