共起語SEO・コンテンツSEO

Googleは検索のAI技術をどんどん向上させていて、ページの量産や被リンクなどによる下手なSEO対策が通用しなくなったり、逆にそれらが悪影響を及ぼすようになってきています。
Googleは、人間が読んで質の高いコンテンツと評価できるページを高く評価できるよに検索エンジンを改善し続けています。
質の高いコンテンツを評価する方法として、共起語が自然な形でどれくらい含まれているかというのがあります。
共起語は、英語の動詞の“co-occur”(一緒に起こる)と名詞の“co-occurrence”(一緒に起こること)を日本語に訳から作られた用語で、同じドキュメント(ウェブページ)のなかで頻繁に同時に使われる言葉のことです。
具体的な例として、共起語検索ツールで、”ラーメン”を調べると、
「情報、東京、点数、ランキング、口コミ、価格、投稿、全国、二郎、店舗、サイト、お店、つけ麺、料理、味噌」
がリストされてきました。
確かに、これらの言葉が”ラーメン”と一緒に出てくるのは理解できるかと思います。
これからは、検索順位を気にしてコンテンツを書くときに、共起語がどれくらい含まれているかを意識した方がよいです。
既存のページも共起語を見直しリライトすることで、検索順位の改善が図れる場合もあるそうです。
共起語のチェックポイントは以下になります。
・共起語が少ない。
・共起語の種類が乏しい
・逆に詰め込み過ぎている「Over Optimizaton Penalty」(過剰最適化ペナルティ)
・同じ共起語を何度も使っている
■参考情報
共起率が高くロングテールワードが散りばめられたコンテンツの書き方 | コンテンツSEOブログ-バックリンクだけに頼らないSEO対策
共起語検索ツール
上位サイトの使用キーワード(共起語)抽出ツール「LSI調査」

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

スポンサーリンク