さっとアウトライン

なんとなく、これに近いことやってるかな~と思ったこと

日経ビジネスオンライン
【グローバル時代を生き抜くための術を伝授する】
第1回「さっとアウトライン」法の効用 
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20120118/226261/?mlp&rt=nocnt 

『上司から指示された件(くだん)の難題について、指示される否や間髪置かずに、ワードのファイルを開けて、課題の名前を書く。ついでに即座に課題解決案のアウトラインを書く。スマートフォンに書いてもいい。』

僕は、ワードではなく、Googleドキュメントの文書かスプレッドシート、または、スマートフォンのメモツールに書きます。

で、何を書くかですが・・・

『 いい案なんかまったく必要ない。即座に思い浮かぶことを書けばよい。どんなに稚拙で子供じみた案でも、上司や同僚に見せたら馬鹿にされるようなシンプルな案でも構わない。とってつけたようなアウトラインでいい。絵を描き始めたばかりの幼児の絵の輪郭みたいに、本人以外は何の輪郭か分からない程度のものでよい。
 とにかくあまり考えずに即興で答の粗筋を書く。考えないで瞬間的に書けるものを書く。えっ、それでも書けない?情けないし悔しい?
 いや結構。回答案そのもののアウトラインが無理なら、回答を出すための手順のアウトラインでもOKだ。手順のアウトラインも書けない?
 何でもいい。課題名(例:新商品のコンセプト)を書き、その後に、「難題、要調査、誰かに聞く必要あり、あと1カ月ある。今これ以上書く時間がない(知恵がない)」とでも書いておけばよい。

 そう、拙速でよい。いや、すぐに書くことのみが成功の鍵だ。もちろん、そういう稚拙な案をそのまま上司・同僚・部下・家族に見せてはいけない。人には絶対見せられないものが世の中にはある。そういうものとして、あなたはアウトラインらしきものを書いたのだ。幼児並のアウトラインをやっとの思いで書いたのだ。 

そうそう、この気軽さでメモっておくことが重要!
僕も、この段階では基本的には人には見せません。ただし、気心の知れていて、なんか協力が得られそうな人には見せます。

『ところが、である。その後、不思議なことが起きる。

 翌日から、その原稿とは全く関係ないクライアントの仕事で、中東のドバイに出張した。一仕事終え、その関係者たちと、夕食を取りながらワインを飲みつつ、中東情勢やらグローバルな買収後の統合関連の議論をしていると、例の雑誌の原稿に使えそうな話が出てくる。

(中略)

 雑誌の原稿を引き受けてから締め切りまでに3週間あったのだが、気休めに書いたアウトラインのおかげで、その3週間がまるまるかはともかく、取材期間として使えた。もちろん依頼原稿のための特別な取材ではない。すべて別件だ。けれど、アウトラインをさっと書いておいたおかげか、私の頭が原稿を書く姿勢でレディーになっていたので、別件でも何でも取材化できたのだ。

そうなんです!
引き寄せの法則とでもいうように答えや考えが引き寄せられてくるんです。

『気休めでアウトラインを書くと、気休めの精神安定効果はすぐに出る(難題に心煩わされず、別の仕事にとりかかることができる)。しかも、アウトラインを書いておけば、かならず締め切りまでの期間に、獲物がひっかかる。アウトラインを書くことは私を裏切らないジンクスだ。』

この精神安定効果は、僕は、とりあえず、着手し始めた安心感と思っていました。

『アウトラインを書くことは、いわば獲物を獲るための「罠」を仕掛けることに相当する。罠を仕掛けなければ獲物がかからないように、アウトラインを書かなければ獲物はひっかからない。他方、罠と違ってアウトラインは裏切らない。必ず獲物がひっかかる。なぜか?

(中略)

 一見、関係のない案件や生活上の出来事も、程度の差はあれ、仏教の教えではないがすべては関係し合っている。アウトラインという罠に、とにかく獲物はひっかかるのだ。しかも、関係し合っているといっても、原稿の話にとってみれば、別件で私が得る情報には意外性がある。その分おいしい情報となり得る。

僕は、加えて潜在意識が答えを探してくれているのではないかと思っています。

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

スポンサーリンク

さっとアウトライン」への2件のフィードバック