「Google Chrome 22」の安定版リリース。一番変わったのはレンチアイコン?

Chrome 22の安定版がリリースされた。
主な新機能は
・「Pointer Lock JavaScript API」の組み込み
・拡張機能にショートカットを割り当てられるようになったこと
変更点は
・Windows 8への対応強化
・「設定」のアイコンが従来のレンチから、Androidと同じ3本線のアイコンになった
・HiDPI/Retinaディスプレイへの対応強化
・「Google Chromeについて」の表示変更(「概要」というページに表示されるようになった)
最も多くの方に影響ありそうなのは、「設定」のアイコンが従来のレンチから、Androidと同じ3本線のアイコンになったことかもしれません。
■レンチアイコン → 3本線アイコンへ
Chrome21までのレンチアイコン
レンチアイコン.png
Chrome22の3本線アイコン
chrome22アイコン.png
今まで、設定変更の説明をする際に、
「レンチアイコンをクリックして・・・」
と言ってたのを
「三本線アイコンをクリックして・・・」
となどと変えないといけないですね(笑)
■ 拡張機能をショートカットで呼び出し
もっとも、Chromeのヘビーユーザーにとっては、拡張機能をショートカットで操作できるようになった事のほうが、メリットが大きいと思います。
ショートカットの設定は、[設定(3本線アイコン]→[設定]→[拡張機能]の一番下に「コマンドを設定する」というリンクが新設されており、そこから行います。
コマンドを設定する リンク.png
これをクリックすると有効にしている拡張機能とアプリケーションにキーボードショートカットを割り当てるためのダイアログが表示されます。ここでショートカットを設定したい拡張機能の「未設定」枠をクリックし、割り当てたいショートカットをキーボードで入力します。
キーボードとショートカット 拡張期のとアプリケーション.png
とりあえず、よく使う RoboForm を [Ctrl+R] で呼び出せる設定をしてみたました。

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

スポンサーリンク