アフィリエイトで複数ASPの発生・売り上げを一括で集計・分析・把握する方法(Alumina ASP)

アフィリエイトで複数のサイト持っていて、複数のASPを使っている場合、どのサイトで何がどれくらい売れた(発生した)のか?を把握しておくのは、今後の作戦を考える上で重要となります。

そのためには、ASP側の設定を適切に行い、ASPの管理画面で、どのサイトで発生したのかが分かるようにするという方法があります。

しかし、
・アフィリエイトリンクを複数のサイトで使い回していたり
・ASPには、どのサイトやどのキーワードで発生しているのかを把握して欲しくない
など、諸々の理由でASP画面には、発生している本当のサイトの情報が表示されないようにしている方は少なくないと思います。

この場合、ASPの管理画面でクリック日時を調べ、アクセスログでその日時を付き合わせて、どのサイトでの発生したのかを調べていくことになります。

この調査作業は単調で、発生数が少ないうちは、まだいいのですが、発生数が増えてくるとなかなか大変なものになります。

そのため、私は、Alumina(アルミナ)[月額980円]+ASP拡張[月額1,280円] & アクセスログ で、サイトの売り上げ(発生)の把握を省力化しています。

Alumina(アルミナ)で対応しているASPとアクセス解析ツール

ちなみに、Alumina(アルミナ)でインポートできるASPは下記です(2018/12/10現在)

  • A8.net
  • Affiliate Hub Final
  • JANet
  • アクセストレード
  • アフィリエイトB
  • クロスフィニティ
  • バリューコマース
  • レントラックス
  • リンクシェア
  • トラフィックゲート
  • フェルマ
  • Link-A
  • SCAN
  • ロイユニオン
  • ハーツリンク
  • websync
  • アイモバイル
  • メディパートナー
  • アフィタウン
  • JTP Offers
  • Mcbee
  • イークリック
  • ビューティ&ヘルスリサーチ
  • 成果報酬110番
  • パフォーマンスホライズン
  • 東京コンシューマシステム
  • Gアフィリエイト
  • アフィリエイトオーシャン
  • Top Team
  • バナーブリッジ
  • xmax
  • I AND C-Cruise
  • アドボンバー
  • アドモン

現時点でAlumina(アルミナ)ではサポートできていないASPでも、”その他”でマニュアルでインポートできる場合があります。

また、Alumina(アルミナ)でインポートできるアクセスログは(2018/12/10現在)

  • Research Artisan Lite
  • Research Artisan Pro
  • i2i

ちなみに、対応ASPとアクセスログは、順次増えています。

設定

アクセスログの準備

Alumina(アルミナ)で対応している下記アクセスログツールのいずれも使用していない場合、いずれかを設定し、アクセスログを収集をしてくだい。(私は、Research Artisan Proを使用していいます。)

 

Alumina(アルミナ)設定について

Alumina(アルミナ)に基本機能+ASPアドオンで申し込む

Alumina(アルミナ)お申し込み ページ
で、下図を参考に申し込み登録してください。
(「紹介者コード」に kenken3 を入れて申し込み登録された方には、当サイトの お問い合わせ で、登録時のメールアドレス情報で個別サポートさせてていただきます。)

Alumina(アルミナ)にアフィリエイトサイトを登録する

Alumina(アルミナ)申込後、使えるようになったら、Alumina(アルミナ)にログインし、自分のアフィエイトサイトを登録する。

しばらくすると、Alumina(アルミナ)が自動的にクロールして、サイトの情報を収集してくれます。

Alumina(アルミナ)にインポート

ASPの発生データとアクセス解析データが溜まったら、下記手順で、Alumina(アルミナ)でレポート作成できます。

  1. アクセス解析ツールからアクセスログCSVデータをダウンロード(期間やアクセス数により時間がかかる場合があります。)
  2. ASPのCSVデータをダウンロード
  3. Alumina(アルミナ)に、ASPのCSVデータをインポート
  4. Alumina(アルミナ)に、アクセスログCSVデータをインポート

以下、Research Artisan Pro と アクセストレード での具体的な手順です。

アクセス解析ツールからアクセスログCSVデータをダウンロード

Research Artisan Pro にログインし、「アクセス解析」画面で「エクスポート」→「ログのダウンロード」へ
「ダウンロード対象期間」は、ASPの発生データの最初の日時の1週間前ぐらいからを指定することをおすすめします。(アフィリエイトリンクがクリックしてから、発生するまでのタイムラグを考慮)
文字コードは、Shift JIS を選択し、「ダウンロードのリクエスト」をクリック。

「ダウンロードのリクエスト」をクリックした際に、正常に受け付けられると下記のメッセージが表示されます。

「ダウンロードのリクエスト」をクリックした際に、下図の様に「指定した期間のデータサイズが大き過ぎます。期間を短く設定してください。」というエラーメッセージが出る場合は、1回でダウンロードする期間を短くして、複数に分けてダウンロードしてください。(複数のリクエストを並行して行うのは、大丈夫です。)

ログ(csv)がダウンロードできるようになると、メールが送られてくるので、ログ(csv)をダウンロードします。

ASPのCSVデータをダウンロード

アクセストレードの場合、下図の手順でダウンロードします。
(他の対応ASPについては、Alumina(アルミナ)ログイン後のユーザーページにマニュアルがあります。)

Alumina(アルミナ)に、ASPのCSVデータをインポート

下図の様に
Alumina(アルミナ)で、「ASP成果」→「…」→「成果CSVインポート」
ポップアップウィンドウで、「成果CSVファイル」を、ASPからダウンロードした成果CSVファイルを指定し、「ASP会社」を選択し、「インポートする」をクリックします。

Alumina(アルミナ)に、アクセスログCSVデータをインポート

下図の様に
Alumina(アルミナ)で、「ASP成果」→「…」→「アクセス解析CSVインポート」 をクリック。
ポップアップウィンドウで、「アクセス解析CSVファイル」を、アクセス解析からダウンロードしたアクセスログ(CSV)ファイルを指定(複数指定が可能)する。
「データ検索方式」は、ASPの成果CSVにリファラURLが含まれている場合、「クリック時刻+リファラURL」を択し、それ以外は「クリック時刻のみ」を選択。
「アクセス解析サービス」は、アクセスログをダウンロードしたアクセス解析の種類を選択。
最後に「インポートする」をクリックする。

ASP成果レポート表示

ASP成果CSV と アクセス解析CSV のインポート後、分析完了すると、 ASP成果レポートが見れる様になります。

日別

月別

サイト別

リファラドメイン別

ASP別

プログラム別

コンバージョン別

成果別

 

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
スポンサーリンク



リンク切れチェックツールについて

「Link Checker」Chrome拡張で、リンク切れがあるのに、問題無いような表示がされることがわかりました。
      → 結論: リンクチェックツールを「Check My Links」Chrome拡張に変更
テストデータ
「Link Checker」Chrome拡張 の結果
エラーがあるにかかわらず、下記を表示
1)「All links ok.」
2)アイコンもグリーンで「:)」
「Check My Links」Chrome拡張の結果
存在しないドメイン → Valid redirecting links
存在しない内部リンク → Invalid links
で表示。(Valid links:9 は、問題の無いリンクの数)
Check My Links オプション設定
(オプション変更時は、最下部の「Save my preferences」をクリックで、保存&反映される)
↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
スポンサーリンク



Google Spreadsheetでシートを開いたら、今日のセルへ移動(列版)

Google Spreadsheetでシートを開いたら、今日のセルへ移動 で列方向(横方向)に日付が配置されている場合のニーズが高いようなので、

(行方向(縦方向)は → [Google Apps Script] Googleスプレッドシートを開いた時に、今日の入力セルへ自動ジャンプ )

 

// onOpen関数はスプレッドシートが開けられる度に自動的に実行される
function onOpen() {
  goToTodayCell(5,1); // 日付開始セルの指定 行番号,列番号(A列が1) 
}

function goToTodayCell(StartRow, StartColumn ) {
  //var StartRow;  // 日付セル開始行
  //var StartColumn;  // 日付セル開始列 A列が1

  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getActiveSheet();

//  sheet.getRange(1,1).setBackground("red");  // 実行中表示

  var maxColumn = sheet.getMaxColumns();//最終列を取得

  var dateRowsValues = sheet.getRange(StartRow, StartColumn , 1, maxColumn).getValues();  // 対象行の日付を配列に格納(高速化のため)

  var today = new Date();
  var stringToday = yyyymmdd(today);

  var matchColumn = -1; // マッチする列が無かったら -1

  for (var column = 0; column < maxColumn-1; column++) {
    //var dateValue = yyyymmdd(dateRowsValues[i][StartRow-1]); // 配列は 0から、シートは1から
    var dateValue = yyyymmdd(dateRowsValues[StartColumn-1][column]); // 配列は 0から、シートは1から
    if(stringToday == dateValue){
      matchColumn = column+1; // 配列は 0から、シートは1から
      break;
    }
  }
//  sheet.getRange(1,1).setBackground("white");  // 実行中表示解除
  if(matchColumn === -1){
  	  Browser.msgBox(StartRow + "行目に今日(" + stringToday + ")に該当するセルが見つかりませんでした", Browser.Buttons.OK);
  } else {
	sheet.getRange(StartRow, matchColumn).activate();  // セルへ移動
  }
  return;
}

// dateを日付のみにする
// Mon Jan 21 2013 13:37:00 GMT+0900 (JST)  ->  2012/07/05
function yyyymmdd(dateVal)
{
  var stringDate
  var date = new Date(dateVal);
  if(date.toString() == 'Invalid Date'){  //日付データでない
    stringDate = date;
  } else {
    stringDate = date.getFullYear() + "/" + ("0" + (date.getMonth()+1)).slice(-2) + "/" + ("0" + date.getDate()).slice(-2);
  }
  return stringDate;
}
↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ



1ルームマンションを売却、資産組み換えへ

不動産の資産の組み換えで、1ルームマンションを1部屋売却しました。

2003年1月に430万円で購入し、9年保有し売却価格は485万円でした。

この物件は、法人契約で、賃料5.5万円のオーナチェンジだったのですが、売却まで借り続けていただきました。1ルームマンションは、賃料下落のトレンドで、一旦出ると、賃料は下がっていたと思います。

実際、同じマンションの募集賃料は、3~4万のレンジです。

このため、あえて9年間契約更新はしませんでした。

管理費と修繕積立も比較的安く7千円ぐらいで、一部上場会社の法人契約なので自主管理にしていたので、実質賃料は

5.5万ー7千円=4.8万円
利回り 4.8万*12ヶ月 / 430万 = 13.4%
なので、購入代金は7年強で回収できており、8年目以降と売却代金は、そのままプラスで、単純売却益も55万のプラスで、かなり成功した投資だと思います。

今、住んでいる方が、50代になり、そろそろ退去することもあり得ると思い。賃料が高い状況で売却をすることにしました。

今回の売却代金も併せ、5千万ぐらいのRCか鉄骨の一棟物を購入する予定です。

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ



ios7のiphoneで地下鉄などオフラインでtwitterを素早くつぶやけるようにしてみた

私は持っているiphoneはソフトバンクのものですが、
TV CMなどでは、「つながりやすさ、No.1へ」と虚偽広告または誇大広告と思われる
あいかわらず「繋がりにくさNo.1」で、地下鉄など、全然つながらないことが多いです。w

あのCMに「半澤直樹」出すのは、個人的に、「半澤直樹」のイメージが悪くなるので、やめて欲しいと思っているのですが。。。

という話は、置いておいて、

iOS6では、iphoneの通知センターからTwitterの投稿ができていたのですが、
ios7では、できなくなってしまいました。

以前は、地下鉄などに乗っている時に、ふと閃いたことなんかを
iphoneの通知センターのTwitterからお手軽につぶいていましたが、
これが、最近できていなくて、ひらめき(大したことではないんですがw)を放置している感じがしてました。

そこで、以下の様な要件を満たせる方法を探しみました。

・投稿専用で軽く素早い起動
・オフライン投稿(Dreaft保存)ができ、オンラインになったら自動で投稿
・写真投稿は出来なくても可
・通知センターから起動を可能にする

結果、
BlueBeak for Twitter + App Gate
にしてみました。

前半の用件は、BlueBeak for Twitter が満たしてくれます。

BlueBeak for Twitter のデモ ビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=GmHMK7Un828

通知センターからの起動は、 App Gate で行います。
App Gate をインストールして、”App”をクリック

写真 3

Nameは、お好みで、
Scheme(URLスキーム)は「bluebeak://」
を入力
写真 2

1,2分後の時間を設定し、設定した時間に通知センターに1度通知させます。
ここで、本来、下の部分には、日時の設定画面が表示されているはずですが、
文字等が黒の為か、私の環境では見えていません。

写真 1

 

本来は、以下のように表示されているはずなので、
上記のように真っ黒に表示されたら、下記の表示をイメージして(笑)
操作してみてください。

 

aaa

 
一度、通知センターで通知されると”すべて”に履歴して残るので、そこをクリックして、
BlueBeak for Twitter にアクセスできるようになります。

写真 4

 

 

 

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ