カテゴリー別アーカイブ: wordpress

WordPressプラグイン forwebya send tb カテゴリごとに設定したトラックバックを自動で送信を入れてみた

WordPressのカテゴリ毎にブログ村などトラックバック先を個別に事前設定し、
記事投稿時に自動的にトラックバックを送信してくれるプラグイン。

カテゴリごとに設定したトラックバックを自動で送信するWordPressプラグイン « for WEB屋

インストールは、上記からダウンロードし、展開したものを /wp-content/plugins にアップ。

WordPressの管理画面で、[プラグイン] → [インストールプラグイン]で、”forwebya send tb”の[有効化]をクリック。

[投稿] → [カテゴリごとのトラックバック] で、カテゴリごとのトラックバック先を指定

カテゴリごとにトラックバック先を設定

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

WordPress にcbnet Ping Optimizer 2.3.3をインストール

WordPressにcbnet Ping Optimizerを導入して、ping送信を細かく管理してみたいと思います。

cbnet Ping Optimizerはpingの送信ログを見ることができるので、使えなくなっているpingサーバーを調べて、管理することができます。

また、WordPressは予約投稿を保存した場合もpingを送信してしまいますが、cbnet Ping Optimizerプラグインを導入すれば、予約投稿が公開された時にpingを送るようになります。

インストールは、WordPressの管理画面で【プラグイン】→【新規追加】から行いました。

ping送出先は

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC

http://blog.with2.net/ping.php/

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

http://blogsearch.google.com/ping/RPC2

http://blogsearch.google.jp/ping/RPC2

http://ping.speedping.net/update.cgi

http://ping.blo.gs/

http://ping.blogranking.net/

http://ping.fc2.com/

http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/

http://ping.rootblog.com/rpc.php

http://ranking.kuruten.jp/ping

http://rpc.pingomatic.com/

http://rpc.reader.livedoor.com/ping

とブログ村などの個別送出先を設定

[Enable pinging]をチェック
[Limit excessive pinging in short time]は、チェックせず
で使ってます。

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC には、WordPressからのpingを弾かれないよう
[プラグイン編集] → [cbnet-ping-optimizer]→ [cbnet-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php] の編集で
$client->useragent .= ‘ — WordPress/’.$this->cbnetpo_wp_version;
の WordPress という文字列をWordPress以外に変更し、[ファイルを更新]をクリック
私は、ドメイン名に変更しておきました。
$client->useragent .= ‘ — kenlog.net/’.$this->cbnetpo_wp_version;

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

WordPressでアイキャッチ画像を表示できるように設定してみた

WordPressの記事投稿画面の一番下に、[アイキャッチ画像] を設定するところがありますが、ここに画像を登録しただけだと、実際のサイトには表示されません。

どこに表示するかを指定する必要があります。

できるだけ全ての記事に表示させてみよう、ということで

外観 → テーマ編集 → content.phpcontent.php で

の前に以下を追加

<!--?php the_post_thumbnail(); ?--> <!-- アイキャッチ画像 -->
 

表示はされるんですが、私が今使ってる twentyeleven テーマでは、バカでかく表示されるので、とりあえず200X200に変更してみました。
外観 → テーマ編集 → functions.php の以下を変更

set_post_thumbnail_size( $custom_header_support['width'], $custom_header_support['height'], true );

set_post_thumbnail_size( 200, 200, true );

 

これで、以下のように表示されるようになりました。

シングルページ

 

シングルページ以外

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

WordPressサイトをGoogleウェブマスターツールの登録とサイトマップ作成と送信

GoogleウェブマスターツールはGoogleが提供する、サイト管理者用のツールです。自分のサイトをGoogle ウェブマスターツールに登録しておけば、Googleでのページの表示に関する様々な情報を確認できます。また、サイトマップを作成し、Googleなど検索エンジンにサイトの更新を通知をおくることで、検索エンジンにサイトの変更を認知してもらいやすくなります。

Googleウェブマスターツールの自分のサイトの登録方法

Googleウェブマスターツールのページにアクセスします。

Googleアカウントを持っている場合は、メールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。まだアカウントを持っていない場合は、[アカウントを作成]から新規作成してください。

ログインしたら、[サイトの追加]をクリック。

 

対象サイトのURL(http://は除く)を入力、[続行]をクリック

 

対象サイトのオーナーかな確認です。
方法は、幾つかありますが、ここでは、

  1. 対象サイトのGoogleアナリティクスの設定が完了している
  2. Googleウェブマスタツール と Googleアナリティクスが同じログインアカウントである

という前提での方法で説明します。

[確認]をクリックします。

 

対象サイトの所有権が確認されました。
[続行]をクリック

 

ウェブマスタツールの基本設定が完了です。

 

続いて、 サイトマップを作成し、Googleなど検索エンジンにサイトの更新通知を送る設定です。

WordPressのGoogle XML Sitemapsプラグインを利用します。

  1. WordPressの管理画面から[プラグイン]→[新規設定]で[プラグインのインストール]画面を表示。
  2. ”Google XML Sitemaps”を検索
  3. ”Google XML Sitemaps”の[いますぐインストール]をクリック

 

[プラグインを有効化]をクリック

 

  1. [設定]→[XML Sitemaps]で、”XML Sitemap Generator for WordPress”の管理画面を表示
  2. 私のサーバー環境(お名前.comのサーバーでは、サイトマップが書き出される場所が自動検出だと
    http://kenlog.net/wp/sitemap.xml になってしまいます。
    http://kenlog.net/sitemap.xml にしたいので、手動配置で指定しています。
  3. [こちらをクリック]いて、サイトマップを構築します。

 

赤字のメッセージが表示されますが、これは、Bingサーバーが「サイトマップを送信していただきありがとうございました。」という日本語の応答メッセージを返すのですが、海外産のツールのため、想定していない応答で表示されています。処理自体は問題ありません。

 

上記を消しておきたい場合は、

  1. [プラグイン]→[プラグイン編集] をクリックし、[プラグイン編集]画面を表示
  2. [編集するプラグインを選択:] で[Google XML Sitemaps]を[選択]
  3. ”google-sitemap-generator/sitemap-core.php” をクリック
  4. 1200行目ぐらいにある ”Ping Bing” を探す
  5. その下の青く選択している部分の
    if($pingres==NULL || $pingres===false || strpos($pingres,” “)===false) {
    の” ” を ”サイトマップを送信していただきありがとうございました。”変更し、以下のようにする
    if($pingres==NULL || $pingres===false || strpos($pingres,”サイトマップを送信していただきありがとうございました。“)===false) {
  6. [ファイルを更新]をクリックし、変更を保存する。

 

上記変更後、[設定]→[XML Sitemaps]で、”XML Sitemap Generator for WordPress”の管理画面に戻り、[サイトマップを再構築する]をクリックすると、赤字のメッセージが消えます。

 

出力された XML Sitemapの確認。
上記画面の[サイトマップ]をクリックするか、http://サイト名/sitemap.xml にアクセスすると、以下の様なファイルが出力されています。

 

上記のサイトマップをGoogleに登録しておきます。

  1. [最適化]→[サイトマップ] をクリック
  2. [サイトマップの追加/テスト]をクリック

 

自分のサイトのサイトマップ名を入力し、 [ サイトマップを送信]をクリック

 

「サイトマップを送信しました。」が表示されたら、[ページを更新する。]をクリック

 

GoogleがXML Sitemapから読み込んだウェブページの数が表示されます。
この場合、186ページということです。

 

 

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
wordpress

WordPress に Google Analytics を設定

■Google AnalyticsのトラッキングID取得

<a href=”http://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/” target=”_blank”>Google アナリティクス公式サイト – ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス</a> にアクセスし、ログインします。

アカウントを持っていない場合、アカウントを作成してください。

[新規プロパティ(ウェブまたはアプリ)]をクリック。

 

対象の[ウェブサイト名]と[ウェブサイトのURL]を入力します。
3.の[業種]は適当で構いません。
[レポートのタイムゾーン]は[日本]を選択し、[トラックバックIDを取得]をクリックします。

 

トラッキングIDをが表示されるので、メモっておきます。
また、この画面は後で確認で使うので、閉じずにそのままにしておきます。

 

WordPressでGoogle Analyticsの設定には、Google Analytics for WordPress 利用します。

WordPressの管理画面の [プラグイン] → [新規追加] します。[プラグインのインストール]画面で「Google Analytics for WordPress」で検索し、検索結果の[Google Analytics for WordPress]の[いますぐインストール]をクリック。

 

プラグインのインストールが完了したら、[プラグインを有効化]クリック。

 

使用環境やテスト目的で、設定状況を収集させて欲しいというメッセージが表示されます。
協力する場合、[Allow tracking]をクリック。

 

[設定] → [Google Analytics]で [Google Analytics for WordPress Configuration]画面を表示します。
[Manually enter your UA code] をチェックします。

 

[Manually enter your UA code:]入力フィールドが表示されるので、Google Analyticsで、メモっておいた、トラッキングID(UA-xxxxxxx-x)を入力します。

他に設定したものは、
[Track outbound clicks & downloads:]  をチェック。(サイトから外部リンクをクリックした数をカウントする設定)
[Show advanced settings: ]をチェックし、[Advanced Settings]が表示し、
[Ignore users:] に[Administrator]を設定。
[Track AdSense:] をチェックしました。

最後に、[Update Google Analytics Setteings >>] をクリックし、設定内容を保存します。

設定の確認は、ブラウザで設定したサイト( http://kenlog.net/ など )を表示し、ページのソースを表示し、Google Analytics用のコードが埋め込まれていることを確認します。

 

Google Analytics側の画面をリロードすると、[ステータス:]が[ トラッキングがインストールされています]に変化します。

 

↓ 参考になるブログがたくさんあります!ぜひどうぞ! ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ